探偵のイメージ

探偵のイメージ

探偵というと、ドラマや映画のイメージで、かっこよいイメージそして切れ者のイメージがあります。当然そういったことも探偵の一つの才能になるでしょうが、もし現実的に探偵業務をしていて、かっこよくて目立ったり、またその推理で警察や刑事さんの捜査をかく乱したりなんかしたら、下手すればつかまってしまうでしょう。

 

 

 

皆さんの探偵のイメージはおもに外国の、しっかりとライセンスや捜査の権限があたえられている探偵に対してのものであり、日本の探偵はただ地道な仕事と調査の繰り返しです。ときには事件性のあることにあたることがありますが、これは事件性があると判断した時点で、依頼者の了解をうけて、警察に通報します。そして探偵の仕事はある意味そこまでです。

 

 

 

もちろん依頼をうければそこから先も続行しますが、だいたいは探偵という仕事は立ち入れる権限に限度があります。もし行き過ぎたことがあれば、業務妨害になってしまうことがあり、探偵としては刑事事件になったものをあながち周囲でかきまわすことがあってはいけないし、犯人がいる場合は、犯人探しの足かせになってしまいますから非常に問題です。

 

 

 

探偵のイメージというと、危険をかえりみず事件にあたるような、危険と隣合わせのイメージもまたありますが、そうした事件に携わることはすくなく、浮気や人探し、そして人物調査などの地道な調査のほうが多いです。華やかではないですが、それなりにやりがいのある仕事です。