独身か既婚か

独身か既婚か

人生の一つの選択肢に、結婚するか独身のままでいるかというのがあって、まあ当然、色々な選択肢があってしかるべきです。実際に結婚はしたことがあるが、あまり向いていなかったという人もいれば、結婚したいが、相手がいない、離婚して独身になりたいがそうもいかない、結婚願望なし、など色々なタイプがいると思います。

 

 

 

そうした選択肢が許されるだけいい時代になっているといえるでしょう。でも実際に本当にその選択が正しかったのか、双方考えるときはあるし、結婚していても独身に戻りたいとき、また独身でも家族がいなくてこれからどうしようかなと不安になることはないとはいいきれません。両方、いい面も悪い面もあるので、どちらがいいかということは簡単には決めることはできません。

 

 

 

その人の個性や考え方によって、人生の選択肢はあっていいと思うからです。将来のことを考えても、どんなに家族がいても最終的には老人施設に入ることになる場合も多いですし、配偶者に先立たれることもありますから、結婚していても最後は一人です。

 

 

 

当然家族がいたほうがより豊かな人生を送ることができそうですが、独身でも自分が生涯をかけて取り組む仕事などがあって、その仕事に邁進したり、その道にうちこんで人の役にたちたいというのであれば、家族ではなくても、その周囲の人や弟子などとの良い関係を保てれば独身でも豊かな生活を送ることができるのでしょう。必ずしも独身だからといって孤独でもありません。