景気と浮気

景気と浮気

実際に景気が低迷すると浮気の件数というのは減りそうですよね。でも実際のところ、そういうこともなさそうです。人々が内向きになり、消費が減るとおもわれる不景気時ですが、だからこそ、いままで仕事が忙しくて恋愛する暇がなかった人がインターネットなどを通じて不倫相手を探す暇ができているという側面があるかもしれません。

 

 

 

不倫などの件数は、海外を含め実質的にはそう減ってはいない、むしろソーシャルメディアなどの活動で、出会いは外にでなくても、お金をつかわなくてもそこにあるような状態が続いていると思います。景気と浮気というのが、相関関係がありそうですが、むしろ景気が悪くて人々の気分が落ち込んでいるからこそ、手頃なコミュニケーション、ぬくもりを求め浮気してしまうこともあるのかもしれませんね。いままでは不倫相手というのはかなり身近な人が多かったのですが、最近ではインターネットで遠く海外の人でも簡単に出会うことができるようになっています。

 

 

 

それがいいことなのか、悪いことなのかはわかりませんが、出会いの幅がふえて、また遠距離でも出会いがあるというのは素晴らしいことです。景気が悪いからといっても、人々の浮気や恋愛に対するエネルギーは決してなくなることがありません。また景気がよくなればなったで、お金が回るのでそうなるとより異性関係が派手になる人も当然いるでしょうが、外にでるか、家にこもるかの違いで、そうそう普段からやっていることに大差はなさそうですね。