水と油

水と油

夫婦間はお互いにない物を補い合う関係といってもいいでしょう。もちろん似た者同士の夫婦というのもありですが、まったくすべてが同じというのはなく、むしろ価値観は同じだけれど、行動や思考経路はまったく異なることも多く、そこが面白いところです。

 

 

 

そうして得意な事、不得意なことを補い合って、助け合っていれば夫婦間は安泰ですが、いつもそうしたように丸くおさまる訳ではありません。ときには、その性格の違いが水と油のようになり、修復不可能な溝にまで発展することがあります。まずはそうした性格の違いは結婚前にわかっていればいいのですが、結婚前は、あまり気にならなかった、最近はそのいやなところがとくに目についてきた、と結婚生活が長くなってくると思ったりしてしまいます。

 

 

 

よいコンビネーションでやってきているとしても、ある日突然その事が嫌になったり、他の人のほうがいいかな、なんて目移りすることもあるかもしれませんが、水と油のように一生混ざる事はなくても一定の距離を保ちながらそれなりにやっていくことはできますし、むしろあまりにもべったりしているのはよくないです。

 

 

 

相手にまったく理解できない面があっても、そこが謎と言うか面白い面になりえますので、違いがむしろ楽しいという風に考えることができれば、夫婦生活もよりよいものになりそうです。違いはむしろいい事という風に考えましょう。それによって関係がより長続きするかもしれません。

 

●おすすめリンク

 

ジャンクロードビギン下北沢